脱毛してみようと思っている部位の肌に血管を青く見えている場合がありませんか。

手足は肌に血管が透けて見えることが多く目立ちますよね。

この部分の脱毛サロンや医療機関で脱毛をすることは可能なのでしょうか。

静脈

毛のように黒くなければ問題ない

静脈が肌に透けて見えるところでも脱毛することはできます。

黒っぽいホクロはシールなどで保護しますが、静脈をシールで保護することはありません。

静脈が毛のように黒い場合は光に反応してしまう可能性がありますが、静脈が黒いなんてことありませんよね。

静脈に光は反応しません。
傷みもないので、安心して下さいね。

脱毛サロンの光脱毛場合

脱毛サロンで行っている光脱毛の光の波長はクリニックで行われているレーザー脱毛に比べて広域です。
わかりやすく言えば、やさしいものです。

脱毛サロンは医療機関ではないので、医師免許がないエステティシャンが行いますよね。
免許がなくても扱えるものでないとできないものです。
その為、脱毛サロンで使われる脱毛機器の出力も安全な範囲しか出せません。

OK

医療レーザー脱毛の場合

では、医療機関で行われるレーザー脱毛はどうなのでしょうか。

もちろん、レーザー脱毛でも脱毛できます。
レーザー脱毛は特定の色に反応するようにできます。

じゃあ、青く血管が見える部分の脱毛は危険なのでは…
と思ってしまいますが、安心してください。

毛のメラニンに確実に届くように、波長や照射する時間も細かく調整されます。
また、血管や角質を傷めないようにするためにも調整されています。

他にも冷却装置といった火傷の予防もちゃんとされています。

大丈夫

 

つまり、脱毛サロン、医療機関どちらでも血管を気にせず脱毛できます。
ただし、静脈炎の場合は医師に確認してから行うようにしましょう。