脱毛サロンで行われている光脱毛は痛みが少ないと言われています。
ですが、人によっては痛いと感じてしまうこともあります。

毛が濃い人程、痛みを感じることが多いそうですが、これはは本当でしょうか。

恐怖

痛みの原因

毛が濃いほど痛いのは本当です。

なぜ、痛いのかというと…
それは出力の違いです。

光脱毛のマシンの出力は毛の濃さによって変えています。

光脱毛の仕組みは毛根に熱によるダメージを与えて毛根を破壊することですね。
よって、出力が強いほどより毛根にダメージを与えることができます。

毛が濃いほど与えなければならないダメージが多くなります。

毛の濃さは敵の強さと同じです。
強い敵の時はより強い攻撃方法をとりますよね。
光脱毛も同じです。
毛が濃い→強い光が必要なのです。

ですが、この光脱毛は毛根だけではなくメラニン色素にも反応してします。

メラニン色素は皮膚にあるので、そこも熱ダメージ(火傷)を受けてしまいます。
よって光の出力が強いと皮膚にもダメージ(火傷)を感じやすくなり痛いと感じるのです。

脱毛機

どのくらい痛い?

光脱毛の痛みは、肌の表面をゴムでパチっとはじいたような痛みです。

毛が濃い部分は、太くて色が黒い毛が密集していますよね。
だから、パチっではなく、パチパチパチって感じで連続の痛みになります。

「一瞬ビックリするくらい」と感じる人から、「痛くて耐えられない」人まで、個人差があります。

3回くらい脱毛を繰り返すと、毛が薄くなるので傷みも少なくなりますよ。

また、「わきは痛いけど、背中は大丈夫」など、生えている毛の濃さで痛みも違います。
全身ずっと痛い訳ではありませんよ。

大丈夫ですよ

どうしても耐えられない場合

脱毛サロンでは光を照射する前後はしっかり冷やしますね。
それは皮膚に感じる痛みを少なくするためです。

また、本格的に光を照射する前に痛みがないか確認をしてくれます。

もちろん、照射最中に痛みを感じたらすぐに伝えれば出力を下げてくれます。

出力を下げた分、脱毛できる毛が減ってしまうこともあります。
ですが、痛みは火傷なので皮膚に跡が残るのは嫌ですよね。

脱毛期間は長くなってしまうかもしれませんが、無理をしてもいいことはありません。
無理をせずにスタッフに伝えましょう。

また、脱毛後は肌が乾燥しやすいですので保湿をしっかりしましょう。

保湿